個別指導

大学入試対策はスクールIE草加松原校へお任せ下さい

2020年度 センター試験の廃止によって、お子様の大学入試は大きく変わります。
入試制度が大きく変わる中、学習スタイルは同じで良いのでしょうか?
2021年からの入試制度に向け、今から対策を行いませんか?
新入試制度に向け、各高校の教科書に合わせた指導は必須です。
個別指導だからできる新入試対策をスクールIE草加松原校で始めませんか。

大学入試、何が変わるの?
新入試対策は個別指導の当校へお越しください

【センター試験の廃止され大学入学共通テストに移行】
文部科学省では学力の要素を『知識・技能』、『思考力・判断力・表現力』『主体性・多様性・協働性』とされています。
この学力の3要素は、学校教育法で定められているのですが、
これまでの大学入試センター試験では、この3要素のうち、「知識・技能」に偏った評価しかできなかった、だからさまざまな入試制度の変更が行われることになったのです。
その1つが、大学入学共通テストになりました。


【センター試験廃止の背景】
簡単に言うと、時代の変化です。
今の時代、インターネット・スマホが有れば一瞬で調べる事が可能です。
そんな時代に、『知識を持っているか』『覚えているか』と言う能力を計る事が本当に必要か?と問われています。
今求められるのは、『知識をどう使うのか・・・』これが社会で求められ、大学で教育する能力に成りつつあります。


【紆余曲折の大学入学共通テスト】
現在の大学入試共通テストの方針も、 『主体性・多様性・協働性』をどの様に判断するか等様々な問題を抱えながらも方針が決定しました。
その中で、受け入れる大学側も『共通テスト+一般試験』を元に合否の判断をする方針は確認されているのですが、その扱いについては今後も検討される課題と思われます。


【推薦・AO入試の比率が増加】
さまざまな入試制度の変更の中で、 『思考力・判断力・表現力』『主体性・多様性・協働性』を判断する入試制度として『推薦入学』  『AO入試に比重を置く大学が増え、この先も学校教育法に則り、益々比率が高くなることが予想されます。

授業
昨年の大学進学統計
  • 先生と生徒
    01
    昨年の大学進学統計

    大学入学者61万6,584人のうち、
    推薦入試で入学した者は21万6,995人(35.2%)AO入試の入学者は5万6,030人(9.1%)で合計すると入学者全体の44.3%が推薦・AO入試で大学に入学した計算になります。


    特に私立大学に限ると、入学者48万6,857人のうち推薦入試入学者が19万7,378人(40.5%)AO入試入学者が5万2,020人(10.7%)で、合計すると全体の51.2%と半数以上を占めており、既に一般入試による入学者のほうが少ないのが実態です。

     

  • 面談
    02
    推薦入試

    推薦入試とは、原則として出身高校の校長の推薦を受け、主に調査書で合否を判定する入試制度です。
    大きく分けて指定校制推薦と公募制推薦とに分けられます。


    【指定校制推薦】
    大学から推薦枠をもらった高校から出願が出来ます。
    高校ごとに推薦枠の人数も決まっているので、校内での選抜で高校の代表に選ばれなければなりません。
    基本的に高1 から 高3の1学期までの成績『評定平均値や学習成績概評』が重視されます。
    また、部活動や生徒会活動など、学業以外の活動や、出席日数、授業態度など、総合的に学校の代表としてふさわしい生徒かどうかが評価の対象になります。


    【公募制推薦】
    指定校制推薦とは異なり、どの高校からでも出願できます。
    出願資格は主に、高1から高3の1学期までの成績『評定平均値』、出席日数、部活動・生徒会活動、
    資格(英検など)、ボランティアなどの実績です。
    通常、国公立大学・難関私立大学では評定平均値4.0以上や学習成績概評Aが要求されてることが多いです。私立大学では評定平均値3.2以上、学習成績概評C以上としているところが多い様です。


    どちらにしても、評定平均点・学習成績概評をが求められ、これは各高校の定期試験の結果が多きく反映されます。

  • 塾
    03

    高校での成績、テストの成績、文化・スポーツ活動やボランティア活動の実績などの情報を収集・検討し多面的な選抜を行う入試制度です。
    つまり、知識に以外に『思考力・判断力・表現力』・『主体性・多様性・協働性』を選抜の
    判断材料とする入試方式です。


    また大学の方針と受験生の希望のマッチングを重視する入試方式です。
    AO入試を実施する大学の大半では、「アドミッション・ポリシー」という形でどんな学生を求めているかを示しています。
    大学・学部によって異なるものなので事前にチェックが必要です。


    そして高校での『評定平均値』がいくつ以上と設定されているものもあります。
    一般入試よりはAO入試のほうが、評定平均値が及ぼす影響が大きいようです。
    評定平均とは通知表に記載されている、教科ごとの評定の平均です。
      多くの大学のAO入試で取り扱われる評定平均は3年生の1学期までです。
    この評定平均を取ることが、AO入試合格の対策と言えます。


    評定平均点が基準となり、これは各高校の定期試験の結果が多きく反映されます。

店舗情報

スクールIE 草加松原校写真
店舗名

スクールIE 草加松原校
住所 〒340-0041 埼玉県草加市 松原4-1-18
電話番号 048-946-5600
営業時間 月~土 14:00~21:30
定休日 日曜日 祝日
最寄駅 獨協大学前駅
ご紹介

草加にある塾なら当校はいかがでしょうか。 東武線『獨協大学前駅』近くで便利な立地です。 当校は講師以外にも教務スタッフが常駐で安心です。 体験授業を無料で承っておりますのでぜひお気軽にお問い合わせください。
room
ACCESS
草加で塾をお探しでしたら、ぜひ当校の体験授業へお越しください。
体験授業は無料となっておりますのでお気軽に電話・当サイトフォームにてお問い合わせください。
無料体験授業では個性診断テストと授業を行っております。
お子さまの個性を細かく分析しオーダーメイドの学習プランをご提案しております。
当校は東武線『獨協大学前駅』徒歩ですぐの場所にございます。
草加付近で塾をご検討中なら講師陣に自信ありの当校をご利用ください。

スクールIE 草加松原校からのご挨拶

個別指導授業
自主勉強
集中する子供

草加で塾に通うなら完全オーダーメイドの学習プランの当校へ

草加で塾をお探しでしたら当校をぜひご利用ください。
集団指導が合わなかった方にもおすすめの指導方法がありますのでぜひお越しください。
当校はお子さま一人一人の個性や性格に合わせた完全オーダーメイドの学習プランをご提供しております。
初めてお越し頂く方に個性診断テストを受けて頂いております。
個性や性格を診断してぴったりの学習方法をご提案しております。
大人しい性格のお子さまなら気軽に疑問点を質問できるワンツーマンの授業形式はいかがでしょうか。
飽きっぽいお子さまには宿題を工夫して多数の科目を少しずつ出す方式をとっております。
当校は小学1年生から大学受験まで対応しております。
経験豊富な講師陣で学習に関する悩みもアドバイスいたします。
定期試験対策も受験対策もオリジナルのテキストでわかりやすく指導する頼れる講師陣が在籍しております。
草加で塾をお探しの方は是非一度お問合せください。

お問合せフォーム